愚痴

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
欲しい PSP版のRoutesが欲しい
けれど2時間以内で回れる店を全部まわって中古はおろか新品すら発見出来ず
電車使って別の店行ってなかったら金の無駄だしかといって通販で新品買うと今月のラノベ買えないしあぁどうしよう


本日受けた卒業試験のテストでは前回ずっこけたくなる程失敗した漢文がかなり簡単だったので足を引っ張る可能性は0
問題は数Ⅱで、今回の結果だけ見れば心配はそんなにないけど
今までの成績とかも関係してくるせいで
出来た という結果じゃないとヤバかった
なのに なんとか… というギリギリ赤点を逃れたって手応え
これじゃあまずい 下手すりゃセンター前に追試クルー
数Ⅱは受験に関係ないんだから見逃してくれよ…



あと軽い愚痴
人の思い出の優劣はつけられるものじゃないしつけていいものでもないと思う

俺が楽しかったんだからお前に関係ないし問題ないだろ と主張する自分
いや お前よりは俺の方が(ry と割とマジに言ってた(と思う)友達
他人の思い出より自分の思い出の方が良かったって思えなきゃダメなのか
そもそも比べる意味なんてあるのか そんなことで自信でもつけたいのかと久々に頭にきてた
自分の思い出ぐらい友達とはいえ他人に干渉されたくないな と、そう思った今日でした
リスニングのCDをBGMに読破
全2巻なんだけどちょっと短いかなぁ…
なんだか唐突に終わりが来たって感じ
3桁台から一気に旅が終わるとなぁ…
短編らしいと言えば短編らしいんだけど
まぁそこを悪く言うのはきっと野暮なのでこの辺に

実に切ないというか久々に読み終えた後に喪失感があった
続きをもっと見たかった というのも大きいけれど綺麗な終わり方でした
話を読めばそうなるだろうなというなるべくしてなった結末ですが

常にいくつもの世界を旅して主題を変えて話を作ってたから面白かった
色んな話を読んでる気分だし、ただ残念なのは気に入ったキャラがいてもすぐにいなくなることかな
結局は主人公が話の中心だから主人公が動けば世界も変わるし
うーん スピンオフとかifストーリーが読みたいなぁ…
ほとんど表紙買いだけど良い買い物 いい気分転換になった
ご愁傷様二ノ宮くんを買いに行ったらなかったので
代わりに二四〇九階の彼女を購入
理由は前から絵だけ気になってた それだけ
また電撃文庫が増えました

2巻中1巻読んだ感想
とりあえず真っ先に思い浮かんだのがキノの旅
といっても一巻積んだままで読んでないけど
まぁ色んな世界を旅するという点は似てるはず

優しくて残酷な話と銘打ってあるんだけどまさにそんな感じ
【幸せ】を追求するが故に狂った世界はとても悲しく、その世界から抜け出したいと願う人や
無自覚なままその世界の理に従う人々
色々な人たちとの出会いと別れは温かくて切ない
その中で時々ユーモアな世界もあったりで飽きない
短編集みたいな形式だけれどかなり良い作品だと思う
今日は凹んだ
そりゃもう凹んだ

河合の記述模試と進駿のマーク模試が返ってきた
前者は見なかったことにする 問題は後者

今回は政経が割と良かった模試で国語も持ち直し始めた時期のだった
けど英語が凄まじく酷い結果
国語と政経は第一志望の大学でも合格圏内に入ってたのに英語はかすってすらいなかった
次に返ってくるのは代ゼミセンタープレ
これは更に国語が伸びた時期で英語もそれなりに取れたテスト
でも今度は政経がダメ
ちなみに数学も毎回ダメ お先真っ暗

何かが良いと何かが悪い
しかも両立出来てなきゃ志望校キツイってのに…


予備校に通う友人が非予備校生でも参加できるセンタープレに誘ってくれたから多分それを受けることに

あといい加減KOTKの方にすぐ愚痴る癖を自重しないと
いかんなぁ やっぱ気が滅入ってきてる気がする
来週から卒業試験が始まるけどそれまでにリラックスしときたいなぁ…
2日間頭痛に悩まされて治ったと思ったら立ちくらみ
どうやら無理し過ぎたか カフェインで睡眠不足を誤魔化すにはまだ早いようです

っつうわけで今も若干目がグルグルと…

そして明日の世界より だけどやった直後は普通って感じだったのに
何故か思い返すと美化されて良い話に思えてしまった
なんでかなぁ… まぁいいや
NGな恋やりてー 丸戸は絶対に期待を裏切らないと信じたい

けど個人的には丸戸×ねこにゃん×KOTOKOの作品やりたいなぁ
つまり戯画で出し(ry
気合いで全ルートクリアした

■朝陽ルート
とんでもない地雷ヒロインと思ってましたが
メガネを外すと極太三編みがなぜか無くなり美人が登場しました
しかしCG1枚飲み
シナリオははっきり言って微妙
■夕陽ルート
まぁ悪くない って感じ
アメイジンググレイスが強く印象に残りました
ってか夕やけこやけ?の原曲なんだねぇ
■青葉ルート
ヤンデレ登場 ヤンデレ分があるから多少は他より眠くない
キャラはいいかなぁ それでもやっぱり期待出来る程泣ける話でもない
■御波ルート
多少は星が絡んでくるルート
このヒロインが一番好きなんでとりあえず このルートは好き
まぁ結局はヒロインと主人公がお互いを支え合って生きてくって流れなんですけどね

ここまでが個別ルート
ぶっちゃけ ほとんどがお前がいなきゃダメなんだ!→私も!→エンディングな流れ
単調で眠いと思う 途中で投げたくなる 割と話長いし
悪くはないんだけどやっぱり話の起伏を感じるのは一周目だけみたいな感じがするかな

で、個別ルートとノーマルエンドをクリアするとアフター登場

世界は結局どうなってしまったのでしょうかっていうプレイヤーの疑問に応えたシナリオ
短いけどこれにはちょっと泣けた
けど個別シナリオ関係ないです
あくまでもノーマルエンドのアフターストーリー

日常の大切さを訴えてる話だと思うからなんだろうけど記号的に見れば話の大半が日常シーン
滅亡という未来がある世界で変わらない日常を過ごそうとした人たちのお話でした
曲とか癒し効果は存分にあるのでそういうのを求めてる人向き

正直な感想としては 個別(好きなキャラ)→ノーマル→アフターで充分
クラナドで最後のつもりだったのに…
とりあえず一般エンディングを迎えたので感想
一般エンドはぶっちゃければハーレムみたいなもんだけど全年齢対象として出せる√だった
つまりアレなシーンはなし と

■OPまで
始めて直ぐはちょっと眠いかなぁ 掴みはまぁ…普通
CGは多め ってかプロローグの方が本編より多かった
あと背景とかに力入ってる 綺麗だし日射しの演出はちょっと新鮮
話の印象は光(日常)の中に影がチラホラって感じ
■OP後
しばらくは重い展開 BGMは恐らく主人公の心境を反映させてる 暗め
そこからは徐々に良い方向に進んでいき、また苦労を越えて…
って感じだった
まぁ重い展開もちょっとあったけど鬱ゲーって程じゃない 爽やかなエンディング
けど自分が見たかった結末にまで話が進まなかった
一応正式なルートなのに…

■総評価
演出は新鮮だった(日射しとか風景とか)
CGがかなり綺麗
シナリオは△~○の間…かな
ちょっと判断しづらい 少なくとも悪くはない
リトバスとは似てるけど違うベクトルの作品(多分俺の勘違い)
でもまぁ友情とか日常とかそんなのが主題かな

■自分が受けたキャラ印象
朝陽→母性的な姉、でも見た目は…(;^ω^)

夕陽→小動物、画面にはこいつが大抵映ってる
青葉→魅音(ひぐらし)、空気は読めてないわけじゃない
御波→ちょっと積極的な美魚(リトバス)、見た目はレン(メルブラ)
はやく東京行きたいです

今日受けた河合模試ははっきりいって微妙な点数だった
ただ言い訳をするなら河合の模試は難しいからほとんど点数が落ちなかったというのはある意味いいことかもしれない
というか前向きに考えなきゃ辛い
まぁ河合模試で偏差値53あれば良い方だろうしとりあえず5割近くとったから50は見込めるだろう
問題は他の二教科が不安定なこと これは厳しい
さてさて頑張らねば
今日は人生最後(と思いたい)模試があるわけで

10月過ぎてから自分の成績は上昇傾向に
といっても未だに1年の時より偏差値が10ぐらい低いんだけど
それはそうと下降気味だった国語は半場やけくそで開き直って毎日ラノベ読んでたら逆に成績が上がり英語も徐々に安定の兆し
政経はまだ不安定だけど期待出来ないわけでもなく調子次第かな
数学は相変わらず死んでるからなんとかしないと
それら以外は正直どうでもいい

で まぁ周りの平均が下がる事に理由があるんだろうけど
自分は記述式>マーク式ってな具合の傾向にあったらしくマークだとヤバくても二次だと安全圏だったりする妙な結果がある
つまり自分は記述でこそ勝負出来るタイプとなる
けれど個人的には記述は博打で失敗した時はとことん酷いから避けて小論文(これにはかなり自信あり)で受けたい

となると勝負は結局二次だけでマークが苦手なのにセンターを切り抜けるしかない
11月からのはマークの成績も上がってるからまぁ担任からは諦めろとは言われないだろうけど…
どう考えても油断や安心なんて絶対出来ないレベル
むしろ点が足りてない やべぇ

今日のも含め今月の模試で志望校を決めるといっても過言ではないから頑張らなきゃいけない
早く受験終わらせて遊びたいです
東京に連れていってやる と話を持ちかけられたけど精神的な余裕が無くなりそうなんで明日(今日)断ることにします(^o^)

で 友人の目的であるコミケとかの話はぼかして、アイツら(オタ友)が東京行くらしいとかそんな話を昼休みに教室で部活仲間としてたわけですが
友「アイツらアキバ行くじゃない?、アキバとか怖くて近よりたくねーw」
自「だよな~ ちょっとな~」 裏自「( ゚д゚ )」
「怖い物見たさで行ってみたい」とか言ってみようと思ったけど口に出来ませんでした\(^o^)/

その後はしばらくしてオタク談義が始まって友曰くキャラの目が猫っぽいデカくて丸くていかにもな感じの漫画を読むやつはアウトらしい


家に帰って本棚を見直して泣いた
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。