愚痴

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今まで読んだラノベのなかで色々レビュー開始
いつまで続くかわからないけど

で、第一弾として"短くて読みやすくとりあえずオススメできる"という点でコレを
「わたしたちの田村くん」
詳しい話は7割ぐらいのネタバレを含めて続きの方に書いときます

個人的な感想としては、相馬可愛いよ相馬
ラブコメ最大の魅力であるヒロインはやはり魅力的であるわけで
このラノベはその条件を見事にクリアしているのではと
二人のヒロインに挟まれて葛藤をする田村雪貞も非常に魅力的な主人公
なによりコイツが面白い 話の中でこそ非凡な人物だけれ一番輝いて見える
で、敢えて文句をつけるなら正ヒロインを決めてほしくなかったなぁ・・・
最終的に雪貞はひとりを選ぶ まぁ選びきったかは微妙だけど
それでヒロイン同士が勝負してたとするなら勝ち負けが一度ついちゃったことかな
とりあえずニヤニヤしてくなったら是非これを
主人公“田村雪貞”は古典の風俗が好きで地味な凡人
中学生活最後の夏に親友“高浦”に唆されたこともあり“松澤小巻”に恋をする
そんな松澤は進路調査票に「故郷の星に帰る」と書き続ける不思議系少女
雪貞は松澤のランニングに(無理矢理)付き合って仲を深めようと試み、牛歩並みの進展を見せる
そんな二人は夏休み前にケンカ別れをしてしまう、しかし様々な問題事が起こった後に仲直りし雪貞はついに告白
雪貞の想いは通じた(?)のだが・・・松澤はとある事情から引っ越さなければいけなかった

松澤が引越してから時は立ち、受験直前のバレンタインデー
二人は結局結局文通という形でやり取りを続けている
チョコを期待する雪貞であったが松澤から送られてきたのはチョコではなくお守り
しかもこれを境に松澤からの手紙が来なくなる
さらにこの日、田村くんの部屋に投石して窓を粉砕し挙句にチョコを誤爆される。
この時こそ知り合ってはいなかったが実はこの犯人は後に進学した高校で同じクラス、
はたまた学年随一の美少女にしてクールなツンドラ系、“相馬広香”だった
相馬はクラスの誰とも馴れ合わずツンとした態度をとり続ける
さらに雪貞の「おまえのひみつを、知っている」発言で二人の仲は険悪
しかし相馬はひょんなことから雪貞に怪我をさせてしまい、それがきっかけとなって二人は仲良く(?)なる
相馬は積極的に接してきて、困惑する雪貞は親友高浦へ相談 しかし逆に松澤を忘れかけていることを自覚し余計に悩む

そしてある日、とある事から相馬のトラウマが蘇る 実は相馬は不登校であったのだった
またもや不登校となってしまった相馬を雪貞は懸命の説得で改心させることに成功する
その説得の後、相馬から雪貞へ突然のキスと告白 驚く雪貞を置いて相馬はそのままその場から去っていく
取り残された雪貞はとりあえず帰宅するが気が動転したままであった
少しでも落ち着こうと何故かポストを整理していると久方ぶりの松澤からのはがき
それを呼んで雪貞はさらに動揺してしまうのであった
その内容は「相馬さんって、誰?」

→2巻へ続く

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://realtanua.blog98.fc2.com/tb.php/2-0d673453

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。